江ノ島整形外科・外科

頚が痛い
お悩みから探す

頚の症状
SYMPTOM

首の痛みは、およそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、よくみられる症状です。 首の骨(頸椎=けいつい)は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。
  • 足のもつれ、歩行障害が出る。
  • ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になる。
  • 首や肩、腕に痛みやしびれが出る。
  • 頸部痛、肩こり、頭痛、めまい、手の痺れなどの感覚障害が出る。
  • 頻尿・尿漏れ・残尿感など排尿障害が起こる。

代表的な疾患
SYMPTOM

頚部(首)が原因により肩や腕、指、下肢に痛みや痺れのほかに歩行障害、排尿障害などの症状があらわれることがあります。
これらは原因により様々な疾患が考えられ治療方法も異なります。ケースによっては手術が必要となります。できれば初期段階(首のこりや筋肉痛などの段階)で、早めに対処することが望まれます。
頚椎椎間板ヘルニア
首や肩、腕に痛みやしびれが出たり(神経根の障害)、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります(脊髄の障害)。痛みが強い時期には、首の安静保持を心掛け、頸椎カラー装具を用いることもあります。また、鎮痛消炎剤や神経痛を抑える薬の服用や、神経ブロックなどで痛みをやわらげます。症状に応じて牽引療法を行ったり、運動療法を行ったりすることもあります。
これらの方法で症状の改善がなく、上肢・下肢の筋力の低下が持続する場合、歩行障害・排尿障害などを伴う場合は手術的治療を選択することもあります。
概要
頚椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の一部が正しい位置からずれて、飛び出てしまう病気です。20~30代の若い世代によくみられますが、正確な頻度はわかっていません。頚椎椎間板ヘルニアでは、飛び出た椎間板が近くにある神経を圧迫することがあり以下の症状が現れます。
主な症状
首の後ろや肩、腕に痛みや痺れなどが現れます。重症例では、手足の麻痺を起こすこともあります。
診断
頸椎を後方や斜め後方へそらせると腕や手に痛み、しびれが出現(増強)します(スパーリングテスト・ジャクソンテスト)。その他、手足の感覚や力が弱いこと、手足の腱反射の異常などで診断します。MRIで神経根や脊髄の圧迫を確認し診断を確定します。
治療方法
①保存療法 
軽いしびれや痛みなどの症状がみられる場合に提案されます。筋力低下の程度が強い場合や運動麻痺症状が現れている場合には手術が検討されます。
保存療法では頚部の安静を図ることが基本となります。 頚椎カラー(ネックカラー)と呼ばれる装具をつけて安静にした上で、消炎鎮痛剤やビタミン剤の内服を行います。
②手術
頚椎椎間板ヘルニアが進むと運動麻痺症状が進行するため、手術が行われます。ヘルニア(飛び出し)が何か所で生じているかにより、手術の方法は変わります。
③予防と対策
椎間板に過度の負担をかけないように、常に正しい姿勢を保つことが大切です。理想的な姿勢は、背筋をしっかり伸ばし、あごを引いた状態。座っている時も動いている時でも背筋が変に曲がらないように気をつけましょう。
胸郭出口症候群
腕神経叢と鎖骨下動脈は前斜角筋と中斜角筋の間(斜角筋症候群)、鎖骨と肋骨の間(肋鎖症候群)、小胸筋の下層(小胸筋症候群)で神経の絞扼や血管の圧迫により症状が現れます。
主な症状
手指・腕の痺れや熱・冷感、脱力感、頚部・肩・肩甲間部・前胸部の疼くような痛みが生じます。
診断
モーリーテスト・アドソンテスト・ライトテスト・エデンテスト・ルーステストなどを徒手的に症状を誘発するテストがある。
治療方法
①保存療法
症状が軽いときは、上肢やつけ根の肩甲帯を吊り上げている僧帽筋や肩甲挙筋の強化運動訓練を行なわせ、安静時も肩を少しすくめたような肢位をとらせます。肩甲帯が下がる姿勢が悪い症例には肩甲帯を挙上させる装具が用いられます。消炎鎮痛剤、血流改善剤やビタミンB1などの投与も行なわれます。
②予防
症状を悪化させる上肢を挙上した位置での仕事や、重量物を持ち上げるような運動や労働、リュックサックで重いものを担ぐようなことを避けさせます。
頚椎症性脊髄症
ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ます。手足のしびれも出てきます。比較的若年の方であれば、かけ足やケンケンをしにくくなるなどの軽度の症状を自覚できますが、高齢者では気づくのが遅れる場合があります。転倒などの軽微な外傷で四肢麻痺(脊髄損傷)になる可能性が存在しますので、転倒しないように注意します。一般的に日常生活に支障があるような手指巧緻運動障害がみられたり、階段昇降に手すりが必要となれば、手術的治療が選択されます。
頚椎症性神経根症
中年~高齢の人で肩~腕の痛みが生じます。腕や手指のシビレが出ることも多く、痛みは軽いものから耐えられないような痛みまで程度はそれぞれです。一般に頚椎を後ろへそらせると痛みが強くなりますので、上方を見ることや、うがいをすることが不自由になります。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくありません。基本的には自然治癒する疾患です。症状が出ないように頚椎を後方へそらせないようにし、適切な方向への頚椎牽引や症状が強いときには消炎鎮痛薬の投薬などが行われます。治るまでには数か月以上かかることも少なくなく、激痛の時期が終われば気長に治療します。
筋力低下が著しい場合や、強い痛みで仕事や日常生活が障害されている場合は、手術的治療を行う場合もあります。
外傷性頚部症候群
交通事故などで頚部の挫傷(くびの捻挫)の後、長期間にわたって頚部痛、肩こり、頭痛、めまい、手のしびれ、などの症状がでます。X線(レントゲン)検査での骨折や脱臼は認められません。「むち打ち損傷」「外傷性低髄液圧症候群」「外傷性髄液減少症」などの正確ではない病名が付いていることも少なくありません。骨折や脱臼がなければ、受傷後2-4週間の安静の後は頚椎を動かすことが痛みの長期化の予防となります。安静期間はできるだけ短い方がよいでしょう。慢性期には安静や生活制限は行わず、ストレッチを中心とした体操をしっかり行うことが最良の治療となります。
頚椎捻挫(むち打ち)
追突事故により頚椎が過度に伸展し、次いで反動で屈曲して生じる。損傷は頚部軟部組織にとどまり、頸椎の骨傷、椎間板・靭帯の損傷を伴わない。
主な症状
受傷の翌日になって強い頚部痛と頭痛を自覚することが多く、頸椎の伸展制限を伴う。しばしば嘔気・嘔吐がみられる。早期から頚椎カラーを装着しての頚部の安静を、あるいは症状軽快後でもリハビリテーションを怠るとバレー-リエウ症候群と呼ばれる他覚所見に乏しい愁訴が持続することがある。
治療方法
①薬物療法・注射
消炎鎮痛剤や頭痛に対応するための薬が処方されることがあります。さらに、ブロック注射という痛みを感じる箇所への局所麻酔により、痛みや筋肉の緊張をとり改善を図ることもできます。
その他にトリガーポイント注射などの治療法もあります。
②理学療法
理学療法の運動療法は運動により日常生活への復帰を目指すものです。
安静にしていたり、痛みで体を動かさずにいると関節の動きが悪くなります。そのことで、余計に体を動かす時の痛みが増すこともあるため、それを防止するために運動療法を行います。
頚椎症
椎間板の退行変性に基づき、椎間板腔の狭小化、椎体辺縁の骨硬化・骨棘形成、椎間関節の狭小化などの所見が認められます。好発高位は中下位頚椎であるが、高齢者では下位頚椎が脊椎症性変化によって可動域を失うことで上位の椎間にストレスが集中し、C3-4椎間に病変を認めることが多いです。椎間板変性の進行と共に椎間板腔の狭窄化、椎体辺縁の骨棘、さらに椎間関節の変性、頚椎柱の配列異常が生じます。結果として椎間孔および脊柱管が狭窄し神経症状を引き起こします。外側の骨棘によって椎骨動脈の圧迫も生じることもあります。
主な症状
①頚椎症 
椎間板および椎間関節の変性などによる頚肩部の疼痛、運動制限が生じます。
②神経根症 
圧迫に伴う神経根刺激症状としては上肢の痺れ、放散痛、感覚異常があります。神経脱落症状としては、感覚鈍麻、脱失、および上肢の脱力、筋萎縮筋の線維束攣縮がみられます。
③脊髄症
上肢における巧緻運動障害、下肢腱反射亢進、病的反射の出現、痙性歩行障害などの痙性麻痺および神経因性膀胱などがみられます。
診断
神経根症状および脊髄症状の神経学的所見によって診断し、X線およびMRIなどの画像所見などで診断します。
治療方法
①保存療法
神経根症と脊髄症は(軽症例)は保存療法が選択されます。頚椎の安静を目的に頚椎カラーを使用します。疼痛に対しては、抗炎症薬の服用、温熱療法や理学療法を行います。神経根障害にはブロック療法も有効です。
②手術
本症における手術治療の適応は頚椎椎間板ヘルニアのものと同様であり、保存的治療に抵抗性の進行性麻痺および耐え難い疼痛が手術適応になります。特に脊髄症の場合、術後の改善率の面から、術前の神経障害が重度になる前に治療することが重要です。

当院の診療方法
TREATMENT

治療
頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症では、自然の経過で回復していくことが多く見られます。回復までの間の痛みを和らげるため、各種痛み止めのお薬を使用します。外傷性頚部症候群は、痛み止めや物理療法だけでは回復が思わしくないこともあります。その場合は、回復を早めることを期待し、セラピストによる運動療法の併用も行っております。頚椎症性脊髄症では、歩行訓練などを運動療法にて行っていきますが、進行性に症状が悪化するため歩行障害や手指の機能障害が進んだ場合、手術療法目的にて、連携病院に紹介いたします。
リハビリテーション
当院では、変形やケガ・長期の安静などによって生じてしまった、関節可動域の制限及び筋力低下などを回復するための指導・サポートをセラピストが行っております。それぞれの患者様の背景に合わせてゴールを定め、その他機能訓練も行ってまいります。また、硬縮してしまった筋肉をほぐすために、温熱療法や徒手的なストレッチ・リラクゼ―ションなども行っております。

お悩みから探す
TPOUBLE

痛みやしびれ等、原因を突き止め、一人ひとりに合った治療を行っております。